カウンセリング予約

鼻の美容整形



髙い鼻筋を目指すなら

プロテーゼによる隆鼻術

鼻プロテーゼ法は、人口軟骨を用いて鼻筋を通す方法です。プロテーゼは患者様それぞれに合ったオーダーメイドのものを作成します。
鼻穴の内側を切開してプロテーゼの入り口を作り、鼻筋に沿って挿入。鼻穴からのアプローチで傷跡が気になることはありません。また、当院ではI型のプロテーゼを使用しています。I型のプロテーゼは鼻軟骨同様鼻先を自由に動かすことができ、触っても違和感なく自然な仕上がりです。L型プロテーゼのように皮膚へ負担をかけず、皮膚からプロテーゼが飛び出すこともありません。

【メリット】・オーダーメイドのプロテーゼを挿入できるダーメイドのプロテーゼを挿入できる
      ・ヒアルロン酸による隆鼻術よりも長期間の効果が見込める

団子鼻でお悩みなら

鼻尖修正術

ヒアルロン酸は体内に存在している物質で、注入しても副作用やアレルギーといった心配がありません。ゆっくりと時間をかけて体内に吸収されていきますので、イベントごとに合わせての施術が可能です。
鼻根部と呼ばれる目と鼻の間にある部分を中心として、徐々に鼻先に向かってヒアルロン酸を注入。形を整えた後、患者様にチェックをお願いいたします。理想的な高さでなければ追加で注入できるため、その場で患者様の理想の形に近付けることができます。

【メリット】・切らない ・微調整が可能

団子鼻でお悩みなら

鼻尖修正術

鼻先の丸い団子鼻には、鼻先の余分な皮下組織を除去して鼻先にある2つの軟骨(鼻翼軟骨)を寄せることでスラッとした高い鼻を作り上げる鼻尖修正術が適応となります。場合によっては鼻先に高さを出すために、耳介軟骨という耳にある軟骨を移植することも。柔らかさに違和感なく、自然な仕上がりです。傷跡は鼻の穴の中や耳の裏にでき、周りから見えてしまうことはありません。

【メリット】・後戻りしない ・傷跡が目立たない

ワシ鼻が気になるなら

hump削り

鼻が上を向いている“ブタ鼻”でお悩みの方には、鼻中隔延長術がおすすめです。
鼻の中心に位置する鼻中隔軟骨とご自身の耳の軟骨(耳介軟骨)を縫合して鼻先を延ばします。鼻柱を含め両側の鼻の穴にかけて切開するオープン法で手術を行いますが、鼻を下に向ける手術であることから傷跡も目立ちません。
ブタ鼻は鼻根部の低さが合併していることも多く、プロテーゼと併用した方法をご提案する場合もあります。

【メリット】・自然な触り心地 ・傷跡が目立たない

小鼻を小さくしたいなら

小鼻縮小術

小鼻縮小術は小鼻が横に広がっている方におすすめの施術です。
小鼻の張り出しがわずかな場合には、鼻の穴の中を切開して皮膚と組織の一部を切除し、縫い縮めます(内側法)。小鼻とともに鼻の穴をも小さくできるメリットがあります。傷跡は鼻の穴の中のみです。
また、小鼻の張り出しが大きい方には、小鼻の溝から鼻の穴の内部にかけて切開し、縫合する方法(外側法)が向いています。この方法では鼻の穴の大きさはほとんど変えずに小鼻の幅を狭くできます。傷跡は小鼻の溝と同化して目立ちません。
場合により、内側法と外側法を併せて行うこともあります。

【メリット】・傷跡が目立たない ・目鼻立ちが整いやすい

ワシ鼻が気になるなら

hump削り

ハンプとは、鼻筋の途中で突き出している部分のこと。シルエットは魔女の鼻に似ており、わし鼻や段鼻とも呼ばれています。男性的な印象になってしまうわし鼻でお悩みの方に、ハンプ削りがおすすめです。
鼻腔内を切開し、やすりで徐々にハンプを削っていきます。削る量の調整がしやすく、ハンプを少しだけ残すこともまっすぐな鼻筋にすることも可能です。
また、ハンプを削ると鼻筋が太く見えてしまう・鼻が低くなってしまう方には、ハンプの高さに合わせて鼻根部へプロテーゼやヒアルロン酸を挿入する方法もご提案できます。

【メリット】・傷跡が目立たない ・鼻の高さや削る量などを相談できる

小鼻を小さくしたいなら

小鼻縮小術

鼻骨骨切りは、鼻の骨の幅を狭めて細くする方法です。手術は、鼻の骨に専用ノミで切れ込みを入れて2枚の骨片を作成し、内側に向けて移動させます。鼻の穴の中を切開して行うため、傷跡が表面にできることはありません。 術後7日間は骨を固定するためのギプス装着が必要になりますが、鼻以外の顔のパーツは当日からメイクが可能となります。

【メリット】・傷跡が目立たない ・自然な仕上がり

  • カウンセリング予約
カウンセリング予約 トップへ戻る